ペニスを大きくする方法

世の中にはペニスが小さくて悩んでいる男性がたくさんいます。
世界は広いと言いますが、経済大国日本の弱点の一つはペニスの大きさではないでしょうか。
世界で最も人気のあるスポーツであるサッカーは1993年のドーハの悲劇を教訓に一気に世界と対等に戦える実力まで上りつめてきました。
ところが、ペニスの大きさを世界規模で見てみると非常に下のランクに位置しています。
ちなみにアフリカ人の原住民のペニスと比較すると日本人のペニスはその長さや太さは到底及びません。
このままでは日本人のペニスの大きさは世界はおろかアジアでの地位さえも危うくなってきます。
東南アジアの男性の体格は日本人と比べても小さいという印象がありますが、ペニスの長さに限るとデカいイチモツをもっているのです。
アルギニンが豊富なクラチャイダムの原産地がタイだということもあり子供の年代から身近に摂取していたのかもしれませね。
アルギニンは疲労回復だけでなく精力回復にも効果があり、その結果ペニスにも勃起作用をもたらすのです。
今人気の増大サプリはLシトルリン配合が多いですが、実はアルギニンも必ずといっていいほど含まれているのです。

ペニスが小さいと嘆いている暇があれば自分でサプリメントを探すなどして現状を打開しなくては前に進めません。
スポーツ界、経済界で活躍しているエリート男性は、一般のサラリーマン男性よりもペニスが大きいという統計もあるほどです。
それはテストステロンの分泌とも関係があるように成功する男は男性ホルモンの量が多くちんこがデカいのです。

アルコールを飲み過ぎない

献立作りには直接関係ありませんが、アルコールのとりすぎを避けることも、高脂血症の食事療法の基本方針のひとつです。
アルコールを飲み過ぎと、肝臓では中性脂肪の合成が促進され、血液中のVLDLがふえて血液中の中性脂肪を増やしてしまうのです。
ですから、高中性脂肪血症の人は、一定量を超えて毎日お酒を飲んだり、深酒して多量にとることは避けなればいけません。
お酒好きで高中性脂肪血症の人が、アルコールを節制したり禁酒するだけで、中性脂肪値が下がってくることが多いものです。
逆に、アルコール制限をしっかり行わない限り、このような人がいくら食事療法をしても十分な改善は見込めません。

飲酒は適量を守る

ただ、お酒飲みの人が実際に禁酒をするのはなかなか難しいものです。
せめて適量のお酒で我慢することが大切です。
適量とは、一般に1日にエチルアルコールとして25g程度と考えられます。
目安としては、1日に日本酒なら約1合、ビールなら中瓶1本、ウイスキーならダブルで1杯くらいです。
この程度なら肝臓に負担をかけることはなく、またエネルギー量もご飯1膳くらいなので、肥満の原因にはなりません。
この適量を守ることが大切です。

飲酒の注意点

飲酒が習慣化している人は、適量を守ると同時に注意することがあります。
①揚げ物のつまみは、高脂肪なのでできるだけ避ける
②もつ焼きなどはコレステロールが多いので肴にしない
③タンパク質を多く含んだつまみを食べながら時間をかけてゆっくり飲む
④アルコール度数の高いものは薄めて飲むか、できるだけ避ける
⑤飲酒後にラーメンやお茶づけなどを食べたりしない
⑥飲酒後は水分を十分に補給する

高脂血症を改善する成分が多い大豆

大豆には良質のタンパク質や食物繊維が多く含まれています。
しかも、そのタンパク質にはコレステロール低下作用があります。
動物性タンパク質のかわりに大豆タンパク質をとるようにすると、総コレステロール値が低下することがわかっているのです。
それだけでなく、大豆タンパク質が消化される過程でも生じる胆汁酸結合性ペプチドという物質は、肝臓から分泌された胆汁酸などを便の中に排泄されやすくします。
すると、胆汁酸の再吸収が減って、その不足分を補おうと肝臓内のコレステロールが使われるため肝臓のLDL受容体がふえてLDLのとり込みがふえます。
それに、高コレステロール血症の患者さんが大豆タンパクをとると、リンパ球のLDL受容体がふえることも報告されています。

大豆に含まれている成分

また大豆の脂質には、コレステロール値を下げる不飽和脂肪酸が多く含まれています。
さらに、レシチン、サポニン、ビタミンE、植物ステロールといった高脂血症の改善に役立つさまざまな成分が含まれています。
たとえばレシチンは、善玉のHDLコレステロールを増やし、サポニンやビタミンEは不飽和脂肪酸の参加を防ぐ働きをしています。
植物ステロールはコレステロールの吸収を抑えてくれます。
このように大豆は、高脂血症を改善する食効に富んでいるので積極的にとるべきです。
ただ、大豆を原料にした加工品、たとえば豆腐や厚揚げは、大豆から食物繊維を除いて作ったもので、ほとんど食物繊維を含んでいません。

食物繊維や酸化を防ぐビタミンの補給に緑黄色野菜をとる

高脂血症の改善や動脈硬化の予防のためには野菜は1日300gはとるようにしますが、そのうち100gは緑黄色野菜にしましょう。
緑黄色野菜とは、にんじんや小松菜、ほうれんそう、かぼちゃ、にら、チンゲンサイ、さいあいんげん、しゅんぎくなどです。
大根やかぶの歯も立派な緑黄色野菜です。

緑黄色野菜には抗酸化作用のあるビタミン類が豊富です。

緑黄色野菜がすすめられるのは次のような理由からです。
まず、野菜の中でも緑黄色野菜には食物繊維がたくさん含まれているのです。
望ましい食物繊維の摂取量を満たすうえで緑黄色野菜はまさに最適な野菜です。
そして何より、緑黄色野菜には、βカロチン、ビタミンC、ビタミンEといったビタミンが豊富に含まれていることが積極的にとりたい理由です。
脂質値を下げるうえで、リノール酸やEPAなどの多価不飽和脂肪酸をとることがすすめられますが、この多価不飽和脂肪酸は、飽和脂肪酸に比べて空気や光、熱によって参加されやすく、その酸化によって人体に有害な過酸化脂質が生します。

つまり、脂質の酸化が動脈硬化を促進する要因になっており、これらの参加を防ぐことができれば、動脈硬化の予防や改善に役立つと考えられます。
βカロチンやビタミンC、ビタミンEには、この脂質の酸化を防ぐ作用(抗酸化作用)があるのです。
ですから、これらを豊富に含む緑黄色野菜は、いわば天然の抗酸化食品であり、高脂血症の食事療法に欠かせないのです。
なお、緑黄色野菜はエネルギーが低いので、たくさん食べてもエネルギー過剰になりにくいという利点もあります。
血圧が高い場合には、カリウムとカルシウムを積極的にとると、塩分の排泄が進みにくいのですが、緑黄色野菜にはこうした栄養素も豊富です。

高脂血症のタイプによる食事療法

コレステロール値だけが高い人と、中性脂肪値だけが高い人、それに両方ともが高い人とでは、実際の食事療法の内容と進め方は多少違います。
それぞれの患者さんごとに医師がエネルギーと栄養素のとり方を指示し、栄養士が指導してくれます。
なお、善玉のHDLコレステロール値が低い場合の基本方針もあります。

コレステロール値だけが高い場合
①食事でとるエネルギーを適正にする
②脂肪をとりすぎない
③食事でとる油脂の種類に気を付ける
④食事でとる1日のコレステロール量を制限する
⑤食物繊維を十分にとる
⑥緑黄色野菜をたくさん食べる
⑦大豆や大豆製品を十分にとる
⑧塩分を控える

中性脂肪値だけが高い場合
①食事でとるエネルギーを適正にする
②糖質、特に砂糖などをとりすぎない
③アルコールは控え目にして飲み過ぎない
④食事でとる油脂の種類に気を付ける
⑤食物繊維を十分にとる
⑥緑黄色野菜をたくさん食べる
⑦大豆や大豆製品を十分にとる
⑧塩分を控える

食事療法では、まず毎日の食事でとるエネルギーを適切な量に抑え、肥満を解消します。
食べ過ぎは、総エネルギーの摂り過ぎということだけでなく、栄養素の摂り過ぎも意味します。
食物に含まれるコレステロールや中性脂肪、飽和脂肪酸にどんなに注意を払っても、食事全体の量が多ければ、結局これらの摂取量は多くなってしまいます。
このため、食事量を適正にする必要があるのです。

タンパク質を十分にとる

タンパク質は、私たちの体に欠かせない栄養素です。
筋肉や血液の材料になるばかりでなく、体が円滑に機能するためのホルモンや酵素などの原料にもなります。
このため、タンパク質が不足すると元気が出ない、だるい、疲れやすい、体の抵抗力が落ちてかぜをひきやすいなどといった体の不調を招き、造血作用も低下して貧血を起こします。
全身の組織はもとより血管ももろくなって、動脈硬化を促進させる要因にもなりかねません。
若々しく健康な血管を保ち、動脈硬化を予防するために、栄養バランスをはかりながらタンパク質は必ず毎日十分にとるようにしましょう。

タンパク質の質に配慮する

1日に必要なタンパク質の量は、標準体重1キロあたり約1gといわれています。
ただし、量だけとればいいのではなく、質にも配慮します。
良質のタンパク質をバランスよくとることが大切です。
タンパク質は数多くのアミノ酸でできています。
このアミノ酸には体内で合成できるものとできないものがあり、合成できないアミノ酸は食物からとるしかありません。
このようなアミノ酸のことを必須アミノ酸といいます。
必須アミノ酸は8種類あり、この8種類が理想的な配分に近い形で組み合わさったタンパク質が良質のタンパク質で、体の中で無駄なく利用されます。

良質のタンパク質を含んでいる食品は、肉や魚、卵、牛乳など主に動物性食品です。
動物性タンパク質は、必須アミノ酸の組成が理想的であることが多いのです。
ただ、植物性食品でも大豆とその加工品(豆腐や納豆など)だけは例外で、良質のタンパク質をたくさん含んだ理想的な食品です。
こうした動物性タンパク質と植物性タンパク質を、バランスよくとることです。
それぞれを1対1でとるのが理想といわれています。

ストレスと動脈硬化

ストレスによって精神的に緊張すると、交感神経が刺激されて血圧や血糖値が上昇し、血管に負担をかけます。
また各種のホルモン分泌が促進されたり抑制されたりします。
その結果、血液中に遊離脂肪酸がたくさん放出され、この脂肪酸は肝臓でコレステロールや中性脂肪に合成されて、最終的に脂質値を上げます。
こららのことが、動脈硬化を促進します。

性格によるストレスの影響

ただ、同じストレスを受けても、人によってそれに対する反応はさまざまです。
人それぞれの性格がかかわっているためです。
ストレスを受けやすい性格の人は、動脈硬化になりやすいことが、いくつかの調査で確認されています。
中でもよく知られているのが、性格のタイプをA型とB型に分けたアメリカ精神科の医師のよる研究です。
この研究によるとA型性格とは、時間には几帳面で競争心や向上心、責任感が強く、活動的で努力家、攻撃的で怒りっぽいというものです。
何事もとことんやりとげなければ気がすまない、いわゆる猪突猛進型を指しています。
一方で、B型性格というのはA型性格のちょうど反対で、時間にはずぼら、リラックスして協調的、目的達成のための努力はあまりしない、すべてにほどほど悪くいえば、いいかげんという性格です。

ストレスの影響を受けやすいのはA型性格です。
のんびり、おっとりしているB型性格に比べると2倍以上も動脈硬化になりやすいようです。
A型性格の人は、常に休みなく活発に行動し、野心的で仕事などに集中するため、本人は気が付かなくてもストレスがたまりがちです。
そのことが動脈硬化を起こしやすい一つの要因ではないかと考えられます。

タバコの煙に含まれる物質の危険性

タバコは高脂血症を起こす要因です。
それと同時に、動脈硬化の危険因子でもあります。
タバコを吸うと、煙の中に含まれる一酸化窒素や窒素酸化物などが血管の内皮細胞を傷つけ、LDHコレステロールを変性させます。
傷ついた血管には、変性したLDLコレステロールや血小板がくっつきやすくなります。

また、タバコのニコチンは、副腎を刺激してカテコールアミンというホルモン物質の分泌を促します。
カテコールアミンは血液を固まりやすくし、血栓をつくりやすくします。
これらのことはいずれも動脈硬化を促進させる要因です。
さらにタバコを吸うと、カロチンやビタミンCなど血液中の酸化を防ぐ物質が少なくなります。
タバコを1本吸うと、25mgのビタミンCが損なわれるといいます。
するとLDLがいっそう酸化しやすく、変性しやすくなります。

動脈硬化が進んでいる場合、タバコ自体が直接、虚血性疾患や脳血管障害の危険因子になります。
タバコのニコチンによって分泌が促されたカテコールアミンには、血管を強く収縮させる作用もあります。
血管が収縮すると、血圧を高くし、血流量が減るため組織が酸素不足になります。
タバコによるこうした血管の収縮が心臓の冠動脈に起これば、狭心症の発作の引きがねに、また脳の動脈が収縮すれば一時的に脳の血流量が不足します。
血流の流れが悪くなるので、脳梗塞も起こしやすくなります。

1日に4本~5本程度の喫煙でも、虚血性心疾患になりやすいというデータもあります。
すでに狭心症や心筋梗塞の発作を起こしたことのある人がタバコを吸うことは自殺行為に等しいといえます。