高脂血症を改善する成分が多い大豆

大豆には良質のタンパク質や食物繊維が多く含まれています。
しかも、そのタンパク質にはコレステロール低下作用があります。
動物性タンパク質のかわりに大豆タンパク質をとるようにすると、総コレステロール値が低下することがわかっているのです。
それだけでなく、大豆タンパク質が消化される過程でも生じる胆汁酸結合性ペプチドという物質は、肝臓から分泌された胆汁酸などを便の中に排泄されやすくします。
すると、胆汁酸の再吸収が減って、その不足分を補おうと肝臓内のコレステロールが使われるため肝臓のLDL受容体がふえてLDLのとり込みがふえます。
それに、高コレステロール血症の患者さんが大豆タンパクをとると、リンパ球のLDL受容体がふえることも報告されています。

大豆に含まれている成分

また大豆の脂質には、コレステロール値を下げる不飽和脂肪酸が多く含まれています。
さらに、レシチン、サポニン、ビタミンE、植物ステロールといった高脂血症の改善に役立つさまざまな成分が含まれています。
たとえばレシチンは、善玉のHDLコレステロールを増やし、サポニンやビタミンEは不飽和脂肪酸の参加を防ぐ働きをしています。
植物ステロールはコレステロールの吸収を抑えてくれます。
このように大豆は、高脂血症を改善する食効に富んでいるので積極的にとるべきです。
ただ、大豆を原料にした加工品、たとえば豆腐や厚揚げは、大豆から食物繊維を除いて作ったもので、ほとんど食物繊維を含んでいません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です