食物繊維や酸化を防ぐビタミンの補給に緑黄色野菜をとる

高脂血症の改善や動脈硬化の予防のためには野菜は1日300gはとるようにしますが、そのうち100gは緑黄色野菜にしましょう。
緑黄色野菜とは、にんじんや小松菜、ほうれんそう、かぼちゃ、にら、チンゲンサイ、さいあいんげん、しゅんぎくなどです。
大根やかぶの歯も立派な緑黄色野菜です。

緑黄色野菜には抗酸化作用のあるビタミン類が豊富です。

緑黄色野菜がすすめられるのは次のような理由からです。
まず、野菜の中でも緑黄色野菜には食物繊維がたくさん含まれているのです。
望ましい食物繊維の摂取量を満たすうえで緑黄色野菜はまさに最適な野菜です。
そして何より、緑黄色野菜には、βカロチン、ビタミンC、ビタミンEといったビタミンが豊富に含まれていることが積極的にとりたい理由です。
脂質値を下げるうえで、リノール酸やEPAなどの多価不飽和脂肪酸をとることがすすめられますが、この多価不飽和脂肪酸は、飽和脂肪酸に比べて空気や光、熱によって参加されやすく、その酸化によって人体に有害な過酸化脂質が生します。
抗酸化作用のあるクラチャイダムは代謝を活発にすることもできます。
参考:クラチャイダムサプリ完全ガイド・精力増強や滋養強壮におすすめ!
つまり、脂質の酸化が動脈硬化を促進する要因になっており、これらの参加を防ぐことができれば、動脈硬化の予防や改善に役立つと考えられます。
βカロチンやビタミンC、ビタミンEには、この脂質の酸化を防ぐ作用(抗酸化作用)があるのです。
ですから、これらを豊富に含む緑黄色野菜は、いわば天然の抗酸化食品であり、高脂血症の食事療法に欠かせないのです。
なお、緑黄色野菜はエネルギーが低いので、たくさん食べてもエネルギー過剰になりにくいという利点もあります。
血圧が高い場合には、カリウムとカルシウムを積極的にとると、塩分の排泄が進みにくいのですが、緑黄色野菜にはこうした栄養素も豊富です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です